【容量比較】ハーゲンダッツの大きさは4種類ある

どうも、ケンスキーです。

今や世界中に愛されるプレミアムアイスクリーム「ハーゲンダッツ」ですが、先日6パック入りのものを食べながら

ケンスキー
なんか少ないなぁ

と思っていました。

そこで今回スーパーやコンビニで買う単体のミニカップと、どれだけ容量が違うのか気になって調べてみました。

見たこともないようなサイズのハーゲンダッツもありますよ!

スポンサーリンク

ミニカップは2種類、70mlと110ml

6カップ入りで売られているアソート商品は1カップ70mlです。

そして単品売りされている最もポピュラーなミニカップは1カップ110mlです。

アソート商品の1.5倍以上の容量がある計算になりますね

ぴよ吉
そりゃあアソートに入っているカップを食べても、ボリューム的に物足りないわけだ

ビッグサイズはパイント(473ml)と業務用(2000ml)

たまに大きなスーパーで売っているパイントサイズ。容量は473mlになります。

小学生の頃はこのサイズを一気に一人で食べることが夢でした...(デブ思考)

ケンスキーがアメリカに留学していた時は、必ずウォルマートなどどのスーパーでこのサイズが置いてあって、当たり前のように皆これを1人前用として買っていたことが衝撃でした。なんでもビッグなのがアメリカです。

そして個人で買える一番大きいのがこの業務用です。

大きさはなんと2000ml

ここまで来るとハーゲンダッツのありがたみが何処か薄れてきますね(笑)

スポンサーリンク

コスパ比較

ダントツでコストパフォーマンスに優れているのは業務用(2000ml)ですが、実際に大体の市場価格で比較してみましょう。(参照元:東急ストアネット販売)

ハーゲンダッツ コスパ比較

アソートミニカップ(70ml):6個入り862円(1個約144円)→2.05円/ml

ミニカップ(110ml):289円→2.62円/ml

パイント(473ml):862円→1.82円/ml

業務用(2000ml):2700円→1.35円/ml

業務用はミニカップより2倍近くコスパが良い結果となりました。

アイスクリームは賞味期限がないため、ちょくちょくアイスを食べる習慣がある方はネットで業務用のハーゲンダッツを買うことをおススメします。

まとめ

ハーゲンダッツは1961年ニューヨークで誕生しました。

創業者の「究極のアイスクリームをつくりたい」という熱意の元、厳選された素材・そして独自製法で瞬く間に世界トップのアイスクリームブランドになったようです。

ケンスキー
個人的にはミニカップの大きさが一番食べやすいかな
ぴよ吉
僕はパイント一択

たまに食べる贅沢な味が近くにあるだけで、少し幸せになれますよね。ありがとう、ハーゲンダッツ!

どうも、ケンスキーでした。

スポンサーリンク
💸Amazonでお得に買う方法💸

Amazonでちょっとでもお得に買物をするなら、Amazonギフト券の購入をおすすめします。

現金でチャージするたび、チャージ額×最大2.5%のAmazonで使えるポイントがもらえます。

Amazonプライム会員ならば、知っとかないととても損なポイント制度です。

ケンスキー
しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事