【Amazon輸出FBA日記】3日目 利益が取れる商品リサーチをしていく|Caroon!輸出王が最高

どうも、ケンスキーです。

前回TNKロジスティクスとの契約までお話をしました。

これにより米国アマゾン倉庫へ商品を送るルートができました。

あとは仕入れる商品を決め購入し、自宅で梱包しTNKロジさんの倉庫へ送るだけになります。

ケンスキー
これからは「リサーチ」という作業になります。闇雲に商品を仕入れても売れ残ってしまうリスクが高いので、なるべく売り切れる商品を探していくこの作業はFBAの肝になります。

手動でリサーチする

まずは有料ツールを使わないでリサーチをしてみましょう。

準備としては無料ツール「ショッピングリサーチャー」をGoogle Chromeにインストールしておきましょう。

※輸出ビジネスではWindows&Google Chromeが圧倒的にツールの互換性があり使いやすいです。ケンスキーはMac使いなのでOSは仕方ないですが、ブラウザはsafariを使うのをやめchromeを使用するようにしています。

Amazon USトップ画面にいきます。トップ画面での準備としては、配送先の郵便番号が自宅などの日本の郵便番号になっているので、これを米国の郵便番号に変更します。

ケンスキーは「20001」のワシントン州にしています。日本のままだと日本発送を許可していない商品は除外されてしまい送料・到着時間の目安などが全て日本着への試算になってしまうため、必ず変更しておきましょう。

そして検索画面から商品を探していきます。検索画面で「japan import」と検索するのが鉄板です。それに付け加え「blue」のものを今回検索してみます。


このように青に関連するような商品が沢山でてきます。

青に関係ないですが、なぜかゼルダのリンクのフィギュアが出てきました。こちらを試しにクリックしてみます。

こちらの商品は63.87$であることが分かります。

真ん中に楽天やヤフオクなどへのリンクが貼られていますが、これが「ショッピングリサーチャー」の機能です。この中に「ASIN」というコードがありますが、こちらがAmazonオリジナルの商品ナンバー(バーコードみたいなもの)です。

このASINを右クリックしGoogleで検索してみましょう。

そうすると大抵一番目に日本アマゾンでの商品リンクが出てきますので、そちらをクリックしましょう。

日本で買える同商品が出てきました、送料込みで3,457円です。現在の為替でいくと$63.87は6,731円のため、どうやら利益が取れそうな商品であることが分かります。

これが基本になってくるのですが、FBAの性質上他にしなければならないことはいくつかあり「サイズ・重量・1ヶ月に大体どのくらい売れているのか(回転率)・カテゴリー制限商品でないか・FBAの競合数」などが挙げられます。

サイズ・重量などは載っているので確認できますが、1ヶ月に大体どのくらい売れているのか(回転率)を自分で算出するのは至難の業です。

そのため有料ツールを使うことになります。

Caroon輸出王を買って使用中。めちゃくちゃ使いやすい

ケンスキー
これは...ちょっと怪しい笑

購入前のHPがいささか怪しい雰囲気のため後ずさりしてしまいますが、いくつかのブログの評判を見て信用のあるツールであることが分かったためCaroon!輸出王を思い切って購入しました。

ソフトウェアをインストールする必要がなくブラウザ上でログインし使用します。そのためMacでも使用できるのが有り難いポイントです。

画面上部を見ていただくと現在の為替が表示されています。為替に沿って価格差や利益を計算してくれるので非常に手間が省けます。

Caroonでは上手く条件を絞り込むと仕入れたい商品に巡り合いやすくなります。

今回は「価格:1000〜7000円、日本アマゾンとの価格差:1000円以上、前月に5個以上売れている商品、ランキング50000位以内、カテゴリーを上記のようにいくつか絞って」でソートしてみます。

ソートしたらこのように条件にあった商品が一覧で出てきます。これだけでも、手動リサーチでは決してできないことなので感動ものです。手動だと一つ一つ商品をチェックして価格差取れるかチェックする必要がでてきますものね。

この画面で一度で分かることはどれも有益な情報ばかりです。

Caroon検索結果画面で分かる特に重要な情報

・Sales[avg]で過去1・3・6ヶ月平均でこの商品がどれだけ売れているのか

・FBA出品者数

・サイズ、重量

・概算利益

・ランキング

です。

これらは全て仕入れる上で必ず大事になってくる判断材料です。

体感としては手動でFBAリサーチする手間が1/5になっています。FBAでは徐々に商品数を増やして、大きなロットで商品を回転していくことになるためリサーチ時間が短くなるのは非常に助かります。

まとめ:Amazon輸出において有料ツールは必要不可欠

ケンスキーは最初2019年にはいって有料化した「Keepa」の導入を考えました。

しかしKeepaは月会費・年会費制です。

月会費は約1800円で、年間換算すると21,600円になります。

一方Caroon!輸出王は19,800円の買い切り制です。

Caroonを十ヶ月使うだけでKeepaの月会費に追いついてしまうため、いかにお得か分かるかと思います。何よりKeepaで分かる情報は、Caroon!輸出王でも分かります。

しかもKeepaより圧倒的に情報がまとまっているため、初心者にも分かりやすいです。

ケンスキーはCaroon!輸出王をガッツリ使ってリサーチし、仕入れ・梱包に勤しんでいきたいと思います(^^)

どうも、ケンスキーでした。

💸Amazonでお得に買う方法💸

Amazonでちょっとでもお得に買物をするなら、Amazonギフト券の購入をおすすめします。

現金でチャージするたび、チャージ額×最大2.5%のAmazonで使えるポイントがもらえます。

Amazonプライム会員ならば、知っとかないととても損なポイント制度です。

ケンスキー
しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事